スポンサーサイト

  • 2018.04.21 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「タオル帽子を作る会」ご参加申込み 好評受付中です♪

    • 2016.03.03 Thursday
    • 23:50

    ニコ yucom:そういえば、ブログ「ご一緒しましょ!」のバナーの柄がメリヤス編みね。
          「セーターと母と仲間と」の記事にピッタリ。

    ネコ アレサ :でもママがブログを始めてからずーっとこのメリヤス編みなんだけど。

    にやりネコ ペコ   : 去年の暑い夏もこのメリヤス編みの模様のままで、
          そのままこの冬に突入したにゃ。

    kyumiko-miku:すみません、季節にマッチした柄をとも思ったんですけど、
            そういうの変えるの面倒で…ーー’。設定とかも苦手だし。
            しばらくこのままメリヤス編みで〜ハート

               heart heart heart

    編み物と言えば、東日本大震災の被災地の支援学校の生徒さん達に
    アメリカから毛糸の手編み帽子がプレゼントされて始まった
    「帽子の泉プロジェクト」。

    「帽子の泉プロジェクト」では、来る3月11日(金)、
    抗がん剤治療の副作用による脱毛に悩む患者さんのための
    「みんなで作ろう♪タオル帽子の会」を開催いたします。

                                           heart

    開催のご案内が地元有力紙の行催事コーナーに掲載され、
    ご参加のお申込みやお問合せをたくさんいただきました。

    「以前から関心を持っていたが、どこで習えるかわからなかった」
    「洋裁が得意です。お役に立てたらうれしい」
    「ボランティアをやってみたかった。良い機会をありがとうございます」
    等など、嬉しいコメントをいただいています。

                   heart

    実は、miko-mikuがとてもお世話になっている親しい女性Hさんが
    この「みんなで作ろう♪タオル帽子の会」の準備開始の頃と
    時期を同じくして、抗がん剤の治療に入りました。

    Hさんは「帽子の泉プロジェクト」を応援してくださっていて、
    ご自身が闘病中なのに、「何か役に立てたら」と言ってくださり、

    現在、「作ろう会♪」準備のために試作したタオル帽子を実際に使って
    モニターをしてくださっています。早速コメントを寄せていただきました。

                  heart

    「髪の毛が抜け始め、部屋のあちこちに髪が落ちるので、
    帽子があると本当に助かります。24時間手放さずかぶっています。
    洗濯したいので、予備があるといいです。」

                  heart

    お一人おひとりの「誰かを想う心」が、
    病と戦う患者さんの、治療の日々をサポートし、
    大きな励ましとなります。

    3月11日(金)午後1時半〜 
    ウィルあいち 2階 創作スタジオ
    で行います。
    詳細は上記「みんなで作ろう♪タオル帽子の会」を
    ご参照ください。

    皆様のご参加をお待ち申し上げます。

    ご一緒しましょ!
           

    「みんなで作ろう♪タオル帽子」のご案内

    • 2016.02.13 Saturday
    • 23:50
    「セーターと母と仲間と」連載の途中ではありますが、
    帽子の泉プロジェクト主催の素敵な行事のお知らせを
    お届けさせていただきますハート

    双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

    「みんなで作ろう♪タオル帽子」
       
    ハート制作講習&協力会ハート  



    月 日:2016年3月11日(金)
    時 間:午後1時30分〜4時30分(受付:1時15分〜)
    場 所:ウィルあいち(愛知県女性総合センター) 2F 創作スタジオ
    講 師:糸井 以久子氏
    参加費:無料
    持ち物:材料・道具は主催者側で用意します。
    定 員:30名

    heart heart heart

    「タオル帽子」は、抗がん剤治療の副作用に悩む患者さんのために
    岩手ホスピスの会で考案され、広がりました。

    簡単に洗えて肌触りの良いタオル帽子は、季節を通して使いやすく、
    髪の毛が抜けても枕などにつかないため、寝具の汚れも軽減できるそうです。

    「作ろう会」では、脳卒中障害者の会ドリームで
    miko-mikuのボランティア先輩として活躍中の
    糸井以久子さんを講師にお招きし、
    みんなでタオルをチクチク縫って作ります。

    糸井以久子さん

    糸井さんは、名古屋大学付属病院、マクドナルドハウスでも
    ボランティアとして活躍。
    仲間の皆さんと、入院中の子どもさん達にも
    タオル帽子をプレゼントして、たいへん喜ばれています。
         Docomo_hart
    みなさんに当日お作りいただいた帽子は、
    帽子の泉プロジェクトのアメリカの支援者、
    ナンシー・ベリーさんが運営する
    がん患者さんのための支援基金
    「Angie's Spa」に寄贈させていただきます。
        Docomo_hart Docomo_hart
    ナンシーさんは、同じく支援者のジェイミーさんと
    2014年に東日本大震災の被災地、宮城県名取市を
    帽子の泉プロジェクトメンバーと共に訪問し、
    宮城県支援学校の生徒さんや、社会福祉法人「みのり会」の皆さんと
    交流しました。
        Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart
    今回のタオル帽子を作る活動には、
    2012年に帽子の泉プロジェクトメンバーが出会い、
    以来交流を深めている名取の皆さんも
    現地で帽子作りご協力を申し出てくださっています!
       Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart
    震災という未曾有の出来事がきっかけで始まった交流ですが、
    アメリカから贈られた手編みの毛糸の帽子が、
    名取とアメリカと名古屋を結び、
    コミュニケーション支援の活動からご縁のできた
    ドリームの糸井さんからご紹介いただいた
    岩手ホスピス協会のタオル帽子につながり、

       Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart

    今度は、アメリカのがん患者さんにお届けする帽子を
    名古屋と名取で作る機会を得ることとなりました。

       heart heart heart

    「作ろう会」当日は、制作時間に余裕を持っておりますので、
    ご自身のお持ち帰り用もお作りいただけます。
    お近くに帽子を必要とされる方がいらしたら、
    きっと喜ばれるでしょう。

    ※お持ち帰り用をご希望の方は材料のフェイスタオルをご持参ください。

    「作ろう会」の詳細とお申し込みは
           
    帽子の泉プロジェクトHPをご覧ください♪

    みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます!

    ご一緒しましょ!
     

    みのり会 

    • 2015.11.07 Saturday
    • 09:32

    皆さん、こんにちは^^/。

    9月6日の「有坂ちあきさんライブin名古屋Vol.2」にて、有坂さんを初めご来場の皆さまよりいただきました
    ご寄付を、この度宮城県名取市の社会福祉法人みのり会にお贈りしました!

    ご報告を帽子の泉HPに掲載しましたので是非ご覧ください♪

    帽子の泉HP 新着ニュース
    「みのり会に寄付金を贈呈しました!」

    寄付金の贈呈には、名取の帽子の泉サポーターの方が三名ご使者の労をお取りくださり、寄付金と帽子の泉からのメッセージ、そしてライブで皆さまにお配りした会報とライブのリーフレットをみのり会に届けてくださいましたm(_ _)m。

    みのり会では利用者さんの代表の方々が、理事長様、スタッフの皆さんと待っていてくださり、「ありがとう」の大きな文字プレートをホールに掲げて、温かく迎えてくださったそうです。
    名取サポーターのカヨさんが贈呈式の司会を担当。同じくサポーターのナオさんが帽子の泉からのメッセージを代読してくださり、名取市議で障害者施策を政治活動の柱の一つとして日々尽力されている丹野さんから利用者さん代表の方に寄付金が手渡されましたリボン

    みのり会は、障がいを持つ若者たちの親御さんが、子どもたちが社会の中で安心して育っていけるように協力して活動できる場ができることを願い、1984年に要望叶って、福祉作業所「みのり園」として設置されたプレハブの建物からスタートしました。
    地域の福祉施設の中核として、障がいの種類や程度もそれぞれ異なる利用者さん、そしてご家族に寄り添って、一つひとつ活動を積み上げてこられました。

    その後苦労して建設された夢と希望のつまった木のぬくもりのある施設建物は、2011年東日本大震災の津波で壊滅してしまい、仮施設での活動が続いていましたが、みなさんの奮起と尽力で2013年4月より本施設が復旧し、全面事業再開となりました!

      みのり会パンフレットより

    アメリカのジェイミーさん、ナンシーさんと共に帽子の泉プロジェクトがみのり会をお訪ねしたのは、本施設での事業再開からちょうど1年後、昨年の5月でした。今回寄付金贈呈式の様子を名取サポーターの方からお聞きして、利用者さん、スタッフの方々から本当に温かい歓迎を受け、アメリカのグレースさんが編んでくれた帽子を皆さんお一人お一人にお渡しした昨年の贈呈式のことが思い出されました。


    ↑2014年帽子の贈呈式で挨拶をされるジェイミーさんとナンシーさん(後方)

    式は英語と日本語の2か国語で行われ、yucomがジェイミーさんの英語のメッセージを日本語に、miko-mikuが理事長さんのご挨拶を英語に訳して列席の皆さんに両方の言語で聞いていただきました。

    ジェイミーさんのお話も、みのり会のみなさんのご挨拶も、本当に心がこもった感動的なメッセージでした。
    ジェイミーさんは「誰かのことを想う、誰かのために祈る」ことの大切さを一所懸命話してくださり、実はそのスピーチはかなり長いものでした。それをさらに日本語に訳して、また、みのり会の方のご挨拶も日本語と英語と両方での発表だったので、贈呈式は30分近いものになりました。

    でも、その間会場で誰一人席を立つこともなく、私語を挟む人もなく、みんながジェイミーさんやナンシーさんをじっと見つめて真剣にその言葉を聴いていました。miko-mikuは真摯に私達の訪問を受け止めてくださっているみのり会の皆さんの想いを全身に感じて、通訳をしながら涙がこぼれそうになりました。 スタッフの方も「障害の特性から、普段割りと自由に歩き回っている方もいるのですが(笑)、今日は特別な感じで、驚きました」とピース
    本当に素敵な贈呈式だったのです。


    ↑利用者さんの代表の方からみのり会特製クッキーのプレゼントと
     お礼の言葉を受け、大喜びのジェイミーさん。(インタビューは
    kyumiko-mikuです)

    今回の有坂ちあきさんライブからの寄付金贈呈式も、直接お届けにいけない帽子の泉名古屋メンバーのために、名取サポーターの方々が、お忙しい中みのり会訪問の日程調整や式の段取りを考えてくださり本当にありがたいことでした。
    また、みのり会も、ちょうど人事異動のお忙しい時であったにもかかわらず、スタッフの皆さんと利用者の代表の方々が温かく迎えてくださいましたこと、心から感謝申し上げます。

    贈呈式では、先に書いた皆さまからの寄付金と帽子の泉プロジェクト資料と共に、9月ライブで有坂さんとご参加の皆さんに歌っていただいた『あなたを想えば』の動画に昨年のジェイミーさん達との贈呈式、そして今回のライブの準備やみのり会からのメッセージの披露の場面の写真と映像を挿入した「2015年9月6日『あなたを想えば』みのり会プライベート版」をDVDでお届けさせていただいたものを皆さんで観ていただきました。
    おかげ様でムービーは大好評で手、ライブの様子や昨年の思い出を皆さんと共有することができ、よかったな(*^^*)

    名取と名古屋で頻繁には行き来できませんが、皆さまの想いが、
    交流を紡ぎ、深めて行ってくださっていっています。

    「今も これからも 共に」

    ご一緒しましょ!

    ♪ありがとうございました♪
     

    歌の力

    • 2015.09.14 Monday
    • 00:35

     ネコごはん食べてお腹いっぱいににゃったから

     ネコちょと寝る。続けてよし。

    kyu:はい〜っ。
      皆さま、お待たせいたしましたm(_ _)m。

    前回の記事はこちら→「歌の力」(http://www.goisshoshimasho.com/?eid=33)

    続けますゆう★

    双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

    花3月のライブの午後の部にご参加くださったOさん、今回も来てくださいましたゆう★
       3月15日の名古屋ライブに先立って行われた路上ライブで偶然前を通りかかり
       歌がとても良かったのでCDを買われて
      その時有坂さんから受け取られたチラシの中にちょうど3月ライブの案内も入っていて
     「こんなことするの初めてだけど、思い切ってお電話で問い合わせさせてもらいました。」
       kyu汗
     ライブ当日、終演後にお声をかけていただき、お聞きしたのは、
     奥様を亡くされていて、今お一人と。
     『手紙〜親愛なる君へ』の歌詞を覚えて来られて、
     「有坂さんの歌の時、一緒に歌いました。多分…届いているかと。」ハート
       kyu
        今回もお電話でお申込みいただきました^^/。
        miko-miku:「第1部3時半からと第2部6時半からがありますが、どうされますか
        Oさん    :「また聴けるのうれしいですねぇ。えーと、第1部の方でお願いします。
              夜はいろいろ観たいテレビがあるので…」
        miko-miku: ぷっ、Oさん、カワイイです(*^^*)。(スミマセン

        前回Oさんを初め多くの方から反響のあった『手紙〜親愛なる君へ』を
        有坂さん事務所の承諾を得て、3月ライブの記録ムービーに使用させていただきました。
      (https://www.youtube.com/watch?v=_CQ7Hwh5whM

        今回も事前にこの『手紙〜親愛なる君へ』を9月6日ライブ曲目として、
     『あなたを想えば』とともに帽子の泉プロジェクトからリクエストさせていただいていました。
        Oさん、有坂さんが今回も『手紙』を歌ってくださったことをとても喜ばれ、
      そしておっしゃいました。

      「ありがとうございました。本当に、今もあの時よく…と思うんだけど、
      偶然通りかかって有坂さんの歌を聴いて、
      またちょうどその時(3月に)ライブをやるということで、
      CD買ったのも、ライブに行くのも、何もかも初めてのことだったけど、
      思い切って申し込んで本当によかったんですね。
      あの時『手紙』の歌詞も覚えてきてね、家内に届いたかなと思ったけど、
      それがこうして、またライブに来ることができて、
      こんなつながりができていろいろお話しできるなんて、
      思ってもみなくてねぇ。縁と言うんですかね。」

     いや私も何だか親戚が一人増えたような感じがしてるんです^^v。
     なんといっても、有坂さんなんですね。
     有坂さんの人柄がまず素晴らしいですからね。
     やっぱり会場全体にその良い雰囲気が伝わるのだと思います。
       Oさん、奥様もきっとご一緒にライブを楽しんでくださったと思います!!


    双葉 双葉 双葉 双葉 双葉 

    花そう、その雰囲気のことで、ヨーコさんに帰りがけに
     「公共の施設だからね、会場が教室みたいだよね、
     教室で♪授業受けてるみたいな。」と笑いながら言われたのですが、
     最初は、教室か〜、確かに華やかなスポットライトもなかったしなー。
     (第1部は会場全体を均一に点灯し、サロンコンサートの雰囲気で行いました)
     合唱もやったし^^'と思ったのですが…

      でも後から気が付いたのです。 
      ヨーコさんの「教室みたい」の表現も、良いんじゃないか。言い得て妙だな^^vと。
     
     まさしく有坂ちあき先生のライブのクラスみたいな〜♪ 
     そして集ってくださった皆さまは、単なるお客様ではなく、ライブ科のクラスメート。
     それぞれが先生から授けられるだけでなく、
     クラスとして受け取って、みんなで共有するような、
     縦・横の双方向の温かい一体感があって、
     
     miko-mikuは帽子の泉プロジェクトで主催者だから、
     ちゃんと冷静に進行を担うことに集中しなくてはいけないのだけれど、
     会場の清らかさと温かさに本当に感動してしまったんです。

     音楽ライブですよ!
     この温かさと力強さはなんなのでしょうか!!
     「教室みたい」でよかったのです!!!


     にやりネコうるさい。寝れないにゃ怒り
     
    kyu:すみません。つい興奮してしまいましたm(_ _)m。 
    以上「有坂ちあきライブ教室理論」でした。
     双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

    花そして第1部に、マリリンが来てくれました。やった〜\(^o^)/クラッカー 

    本ブログの「ニュースがいっぱい♪」(http://www.goisshoshimasho.com/?eid=22)の

    お知らせその4でマリリンのことを少しご紹介しました。

       2013年からmiko-mikuが始めた、障がいのある方のためのコミュニケーション支援の活動の中で、
       同年秋に知り合った、マリリンとそのご家族のチャコちゃんという二人の女性がいます。
       
       マリリンは、小脳出血で倒れ、命はとりとめたものの植物状態と診断され、
       静かにベッドに横たわる日々が続きましたが、
       国学院大学人間開発学部の柴田保之教授との意思疎通により、意識があることが判明。
      「私はわかっています。目はよく見えないけれど、人の声もしっかり聞き取れ、
       自分が生かされたことに感謝しつつ日々を過ごしています。」というメッセージを
       ご家族や施設の職員さんに伝えた女性です。

       現在、日々、劇的な回復の道をたどっていて、その更なる回復のための応援チームの一員として、
       miko-mikuはマリリンのところを定期的に訪問しています。

       
       有坂さんの名古屋ライブVol.2の開催が決まった時、
             miko-mikuの中には、マリリンに来てもらいたいという強い思いが湧きました。
       3月のライブの時は、まだそれは無理で、
      「絶対いつかマリリンに有坂さんの生の歌声を聴いてもらうぞー」
       miko-mikuの野望として、これを掲げたのでした。

       4月!マリリンの調子
    矢印上
       5月!マリリンの調子矢印上矢印上
       6月!マリリンの調子矢印上矢印上矢印上
       7月!マリリンの調子矢印上矢印上矢印上矢印上

    ネコにやりネコレポートは後で。
    kyu :はい。

       8月に miko-miku 勝手に マリリン行ける! と確信し、
       ダメ元でと、思い切ってチャコちゃんにお話ししてみたのです。

       平成23年に病に倒れてから初めての一日がかりの外出です。
       関係の方々の慎重な協議が進められ
       周到な準備が施され、

       
    バラそして、9月6日 マリリンは有坂さんのライブに来てくれました!!ピース

       最初こそ、長い移動時間で疲れもあったみたいで、多少お顔に緊張の色も見えましたが、
       有坂さんの歌が始まると、瞳をぱっちり開けて、聴かれていました。

       そして、流した一筋の涙
    き

       休憩時間には、有坂さんがマリリンのところに一直線に駆け寄って来てくださいました。。
       本当に自然体でマリリンにニコニコ話しかけていらっしゃいます。
       ここが有坂さんのすごいところです!
       意識障害と診断されている方とはコミュニケーションが取れないと
       端から声かけをあきらめたり、臆する方が多い中で

       有坂さんは、伝わっていることを心から信じて、
       いえ、「信じる」という行為そのものを超越して
       そのままに会話してくださっているのです。
       

       miko-miku うれしくて また涙
    泣く

       終演後の有坂さんとの交流については、
       別途マリリンの紹介の記事の中でご紹介させていただきますが、
       
      「筆談介助」という方法で、マリリンがライブの感想を有坂さんに伝えました。

       医療施設の場でなく、福祉の関連行事でもなく、みなさんが集う一般のライブの会場で、
       リハビリのメニューではない、本当に自分の気持ちをそのままに有坂さんに伝えるために
       マリリンが一所懸命文字板を指したメッセージ。

       たくさんの方がそれを一緒に見守ってくださいました。
       有坂さんに来ていただいてライブを開催した甲斐がここにもありました。
    有坂さん、マリリン、皆さま、
    ご一緒してくださって   
    本当にありがとうございました!!

    あ、すみませんっ。後からあらためていただいたマリリンのライブの感想です♪
    Docomo123 しあわせなじかんでした。うれしかったです。
     つかれたけど うれしいきもちいいつかれでした。


    ハート ハート ハート ハート ハート ハート ハート ハート ハート ハート  

    あらためて思いました。
    有坂さんの歌の力ってすごいなと。
    聴く人の心に入り、その人の心の奥底に持っている想いをやさしく包み、
    癒し、励まし、集う人を一つにする。

    そんな特別な力があるのに、
    有坂さんたら あまりにお茶目(;;)。
    マリリンと話した後、感に堪えない風に言われるのです。

    「歌の力ってすごいですね〜」

    あの…今歌われた有坂さんの、ご自身の歌の力のことをみんな言っているのですが…

    この委ねた感じ、たまりませんね^^v

    有坂さんとマリリンでした♪


    双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

    最後になってしまいましたが、お詫びです。  

    Docomo123 クッキーの販売がなくて残念だった。

    と多数コメントをいただきました。
    今回は都合により、誠に勝手ながら帽子の泉プロジェクト内での事前取扱いのみとさせていただきました。
    せっかくお気持ちを持ってきてくださったのに、本当に申し訳ありませんでした。
    また、販売中止のお知らせが、開催ぎりぎりの本ブログでのアップになってしまったことも重ねてお詫び申し上げます。

    次回は^^/、次回はまだ決まっていないけど…
    開催の暁には♪
    みのり園のクッキーをまた皆さまにたくさんご購入いただけるよう
    準備の時間とスタッフに余裕を持って取り組む所存…

    あーまた名古屋で有坂さんの歌聴きたいなー♪♪

    以上、「歌の力◆廚任靴(*^^*)/。
    docomo docomo docomo docomo docomo
    それから、ご報告が遅れましたが、帽子の泉プロジェクト気鋭の激写カメラマンにより、
    第1部、第2部とも、皆さまのスマイルばっちりの超ナイスな集合写真が撮れました^^v。
    写真は事務所宛てにデータをお送りしてありますので、追って有坂さんのブログアップをお楽しみに〜♪

    docomo docomo docomo docomo docomo
    追記
    第1部と第2部の両方にご参加くださった昌人っちさんが、
    ご自身のブログ「昌人っちのブログ」にて、ライブのレポートを掲載されています。
    有坂さんのファンならではの洞察するどく愛あふれるレポートです♪
    是非ご覧ください^^/。

    歌の力

    • 2015.09.12 Saturday
    • 06:34

    「有坂ちあきさんライブ in 名古屋Vol.2」の夢のような日曜日から一週間...

    なんだか前回と同じ書き出しだけど
    http://www.goisshoshimasho.com/?eid=16
    やっぱり

    帽子の泉プロジェクト(http://boushinoizumi.jimdo.com/)メンバーとして
    無事ライブを開催できてホッとした安堵感と

    あいにくの悪天候にもかかわらず、お忙しい中、ご遠方からも
    ライブにお越しくださった皆さまへの感謝の気持ちと

    そしてそして
    有坂さんの最高の生の歌声と心に響く歌のメッセージの数々に
    感動し、何回も思い出して涙したり、ニヤニヤしたり…

    前回に続き、燃え尽き症候群でぼーっとしつつ(momoちゃんの突っ込みはないので、ずっとぼーっとしたままで)
     ネコだめ、私たちのご飯早く。(アレサ)
    にやりネコにゃんトイレも掃除するのにゃ。(ペコ)

    あー、ライブ良かったな〜〜〜♪ ぐうぉー泣く泣く泣く泣く泣く

    お待たせしました!
    ライブにご来場くださった方々が今回もたくさんご感想をお寄せくださいました。
    ありがとうざいますm(_ _)m。

    ここにご紹介させていただきます^^/

    ●先ずは会場で、お帰りの際に♪

    Docomo123 良かった〜。

    Docomo123 ぐっときました。

    Docomo123 『Mother』泣いちゃった。

    Docomo123 『あなたを想えば』の合唱がよかった。

    Docomo123 (会場のウィルあいち)初めて来たけど立派な施設ですね〜。

    Docomo123 有坂さんのドレスが素敵だった♪

    Docomo123『あなたを想えば』のライブでの歌としての完成度がぐっと上がったね。

    Docomo123 『Mother』良かったですね〜。
     
    Docomo123 家族の付添いで来て、それだけのつもりだったけど、いや有坂さん、良いね〜。
       びっくりした。CD買ったよ。
     
    Docomo123 お疲れ様。捻挫お大事に。←kyu はい(;;)。追ってご報告をm(_ _)m。

    Docomo123 『リバイバル』震えた〜。

    そしてKさん、
    Docomo123 「いや〜、有坂さんの歌、入ってきますね〜。ホントに150cm?!声がすごい迫力があって。」
      miko-mikuの友人Kさんは視覚に障害があって、有坂さんの姿が見えません。
      「どんな感じの人ですか」と聞かれていたので、
      「身長が150cm位で小柄で華奢なカワイイ感じの方なんですけど、歌はねーすごいですよ」と
       自慢きらきらしてあったのです。
        今、有坂さんの話題でのKさんとの会話は「ホントに150cm?!」がキーワードになっております。手
      「名古屋のライブの情報これからも是非教えてください。路上ライブも行ってみたい。CD買います!」
      
    双葉 双葉 双葉 双葉 双葉 

    ●そして、メールで…♪

    Docomo123 コンサート楽しめました。彼女の語り口と歌の詩がステキでした。
      誘った友人にも喜ばれましたよ。

    Docomo123 素晴らしいイベント、感銘してかえりました。ありがとうございました。

    Docomo123 大成功でしたね。会場の雰囲気が良かったです。
        有坂さんの歌は上手いけどそれ以上に上手いのはトークです。

    Docomo123 お疲れ様でした。準備から今日まで大変だったのではと察します。
        足の捻挫等々で少し落ち込んでいるかと思いますが、今日のイベントの成功を境にして
        明るい陽がさしてくるような気がします。


    Docomo123 有坂さんの素敵な歌声に再び涙してしまいました。

    Docomo123 日曜は雨の中、運営、誠にありがとうございました!
        第二回はチケットの裏に地図があったり室内の配置も拘って下さったのが良く分かりました。
        特にCDを販売する物販位置は完璧でした♪
        合唱は私も完成度が高かったと思いました(^ー^)v 本当に素敵なライブでした♪♪♪


    Docomo123 ライブお疲れ様でした。無事に、そしてまたまたステキなステージに
        なってよかったですね。


    ●そして有坂さんのFacebookへのファンの方のコメントも転載させていただきます(一部省略m(_ _)m)♪

    Docomo123 ライブ大成功だったと思います。おめでとー、わが子の事のように嬉しい。
         明日からも頑張って!ファイト!

    Docomo123 楽しかった! 『秋桜』凄く良かった。

    Docomo123 ライブお疲れ様でした。

    Docomo123 良い時間を過ごす事が出来ました。ライブありがとうございました。

    Docomo123 素晴らしいライブ、ありがとうございました!
        会場の雰囲気も良かったですし、懐かしい曲、好きな曲もたくさん聴けて、
        大満足の1日となりました♪
        今日のライブが、また1週間の原動力になります。

    Docomo123 ん〜やっぱり昭和歌謡がいいな〜。

    Docomo123 今日はお疲れさまでした♪そしてありがとうございましたm(_ _)m。
       『あなたを想えば』合唱は、鳥肌がたちました!学生の頃、音楽の授業でやらされる
        合唱が大嫌いでしたけど、一人一人が能動的に参画しての大合唱は、いいもんですね。

        (終わった後のmiko-mikの涙が印象的だったとのお言葉も。 kyu 照れる〜)

    Docomo123 ライブ中に紹介のあった、TVのオーディション番組にちあきさんを記入して
        送ってみました(^_^)v。

    Docomo123 昨日は素敵なライブありがとうございました〜。真ん前で聴かせてもらい心にじーんと響きました。
        秋桜ひさしぶりに聞きましたがやっぱりいい歌ですね〜。
        皆で最後は盛上りとっても楽しかったです!またの機会を楽しみに、応援しています!
        お疲れさまでした〜。

    Docomo123『名古屋ワンマンライブ』お疲れ様でした!
        モナリザとミロのビーナスの良点を重ね合わせた気品漂う容姿と迫力ある歌声にうっとり
        してましたが、♪カバー曲では、美空ひばりさんの名曲と秋桜が良かったです。
        オリジナルは崩れかけた夢、リバイバルが素晴らしかったです♪
        久々に熱いライブを堪能した夜でした。


    キラキラ感想をお寄せくださった皆さま、どうもありがとうございました!!キラキラ

    ネコあー長かった〜。有坂さんの歌は圧倒的迫力。ママのブログは圧倒的長さ…。(アレサ)
    にやりネコさ、ごはん、ごはん。(ペコ)
    kyu:何を言ってますか。これは皆さまの尊いご感想です。まだまだですっ!
    ネコにやりネコだめにゃー。先ずごはんちょーだい。(アレペコ)

    kyuくーっ。それでは一旦無念の撤退をします。
      すぐ続きまーす^^/。
      
      Oさんのこと…
      マリリンのこと…
          お詫びと…  
      そして、ヨーコさんからの感想で思ったこと…
      をお届けします
    にじ
      
    (続く)
     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM