スポンサーサイト

  • 2018.04.21 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    始まり

    • 2015.02.10 Tuesday
    • 23:30

      障がいのある方のコミュニケーション支援の活動を今後のライフワークにしたいと思ったのが1年半前、2013年の7月でした。

     でも、すみません、実は崇高な理念があったわけでも、格別に奉仕の精神があったわけでもなく、極めて個人的な思い付きでした。

     その頃の友人Mさんとの会話です。Mさんとは国際交流グループの活動でご一緒しています。

    Mさん       :いろいろ外国語やったでしょ。
    で、これからは障がいのある人のコミュニケーションのお手伝いなの?

    miko-miku:はい。お手伝いというか…。
    もう何年も前から、いずれ外国語の自動翻訳機とか、ソフトもデバイスもどんどん出てくると思っていたし、やっぱり言語は生き物なので、常にその国に行ったりその国の人と接していないと、語学力も情報もレベルをキープできないです。
    それに、通訳している時、うまく言えないですけど、その人の言葉が出てくるほんのわずか先にその人の気持ちが伝わってきて、それを言葉が追ってくるというか…。そんな風で、道具としての言語の前の、人の気持ちの部分にもっとフォーカスしてお手伝いできる活動がいいなと思って。

    Mさん        :…。

    miko-miku:音速より光の速度の方が早いじゃないですか。で、想いは光よりも速いというか。

    Mさん         :…。難しいわね。それにしても外国語と全然違う分野でしょ。

    miko-miko  :え? 同じですよ。

    Mさん         :同じって?

    miko-miko  :同じだと思います。
    日本語のわからない人が日本に来たら困ります。たまたまその人の母国語を理解できる人がいれば気持ちを代弁できます。今まではその仕事でした。脳性マヒの人とか発話の難しい人も、たくさん接して聞き取りとか慣れたら、多分ですけど、困っていることとか理解できるようになって、手伝えます。

    Mさん         :確かに。

    miko-miku  :
    いろいろ調べたんですけど、重い病気や事故で意識の回復しない植物状態と言われる人でも、意識がないように見えるだけで、実はちゃんとすべてわかっているケースがたくさんあるらしいです。それで、意識もある、話も聞こえている、そうしていろいろ想っているんだということが周りの人に理解されると、その後の回復に劇的な変化があるそうです。

    Mさん         :だけど、どうやってそれがわかるの?

    miko-miku  :それは…。一言では言えないですけど…。
    でもどんなケースでも、何かしら兆しというか、サインがあると思うんですよね。最初から無いと思ったら、多分そこで終わりですけど、有ると信じていたら、見えてくるものがあると思うんです。そのへんが勉強のし甲斐があるというか。伝わらなくてつらいのは外国の人も障がいのある人も同じかなと思って。

    Mさん         :そういうことなの。
     
    miko-miku  :この間も、歯医者さん行って、治療に麻酔したんですよ。

    Mさん         :歯医者さん?

    miko-miku  :はい。
    それで、治療は終わったんですけど、麻酔がまだ切れなくて、口の右半分痺れていて、うまく喋れなかったんです。で、その時に思ったんですけど、自分自身としての私はいつもと全然変わっていないのに、その時は喋れないから言いたいことが伝えられない。それで喋らないから意見がないとか思われたら辛いなと思って…。

    Mさん         :なるほどね。

    miko-miku  これがだめならこっちの方法でとか、
    どういう状況でも必ずオルタナティブ(代替)があるとみんなが思って少しずつ工夫したら良いなと思うんですよね〜。

    Mさん         :で、勉強って学校とか行くの?

    miko-miku  :あ、まだそれは全然考えてなくて。

    Mさん         :…。

    miko-miku  :でも、良い情報を持っていそうな友達とかいるので、そのへんの嗅覚は鋭いので。
    とにかく相談してアドバイスをもらってきます。やる気だけは満々なので。

    Mさん         :一方的に突進しちゃだめよ。時々経過を話し、あーっ、もう行っちゃった。

    ********************

    手さぐりで飛び込んだ新しい世界でしたが、これほど多くの素晴らしい出会いに恵まれるとは(;;)。
    まさに「感謝」の一言です。みなさん、ありがとうございます!!
     

    スポンサーサイト

    • 2018.04.21 Saturday
    • 23:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2015/02/11 6:10 PM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2015/02/11 9:35 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      []

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM